2019年8月5日月曜日

夜の諸塚の展望台

 8月3日夜、天の川を眺めようと諸塚へ出かけました。
梅雨明けの今頃、天の川が一番美しく観れます。標高1000m弱の360度
展望ができる展望台、期待できそうです。
 日中は雲がかかりますが、夜は晴れそう。月の入りは午後9時ごろ。

午後7時半ごろ。 展望台から南東方向。 雲がまだ少し残っています。
7月28日に展望台付近での高度計。 1000m弱を指しています。
日没は雲に隠れて、真っ赤に雲を染めて消えていきました。
日没後、月が左上に。
展望台の南側。
午後8時20分ごろ。 星が輝き始めました。 ポータブル赤道儀を持ち出し、極軸を目測で適当に北極星に合わせます。 焦点距離10mmの広角で30秒露出。
午後8時40分ごろ。 同じ方向。 真ん中に北極星、左に北斗七星、右下にカシオペア座が見えます。
南側です。 地平線の灯り、直線距離で70km離れた宮崎市だろうと思います。 天の川が地平線から上空に続いています。 右手のさそり座付近の明るい星、木星のようです。
南から北へ続く天の川。 レリーズの調子が悪く、シャッターを指で押し続けて2~3分露出。 極軸がちゃんと合っていないし、指の振動もあったのか、かなりぶれています。右側が銀河の中心部分ですね。よく見ると流星のような光の筋が写っています。点滅のある飛行機ではなさそう。
東側です。 地平線の灯り、左側は約30km離れた延岡市、右は日向市と思われます。一時期霧がかかっていましたが、急に晴れてきました。
午後8時46分ごろ。 西の空、月の入りです。 これからさらに暗くなって、星がより美しく輝き始めるかと思いましたが、空気があまり澄んでいないんでしょうか、バックは漆黒の空にはなりません。しかし、オリオン座まで続く天の川が一望できる所は近くにはありません。機材を調整して再度挑戦してみたい。ペルセウス座流星群の頃、台風も過ぎ、条件がいいかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿